サントリー、ダスキンなど大手もウォーターサーバーに参入

大手企業もウォーターサーバーに参入し始めていますね。でも、まったく別の業界からの参入というより、水を販売していた企業がウォーターサーバーを始めたり、もともと得意な分野からウォーターサーバーまで手を広げるなど、それまでのビジネスと関連性がある場合が多いようです。
例えば、サントリー。ベットボトル入りミネラルウォーター国内首位でしたが、新たな成長戦略の一環として、サントリー天然水用専用のサーバーを販売し始めました。冷水・温水が使える床置き型は業務用でレンタル専用ですが、冷水のみの卓上用サーバーは販売専用の家庭用もあります。サントリーはネームバリューが高く水も評判が良いので、信頼性が抜群ですね。家庭用サーバーに温水がないのが残念ですが、今後の展開に期待したいと思います。
そして、ダスキン。清掃や衛生に関わる企業なので、水の衛生を守ると言う意味では安心感があります。企業向けのサーバーレンタルを重視していますが、家庭用のレンタルも始めたようです。既に顧客として訪問している企業や家庭に、新たにウォーターサービスを紹介できるのはダスキンの強みでしょう。
サントリーとダスキンはウォーターサーバーが主流商品ではないため、レンタル料などは若干高めです。ただし、「名前の知っている大手でないと不安」という人にはいいかもしれませんね。

Copyright© 日本でも水にこだわる時代だからウォーターサーバー All Rights Reserved.