海外の水事情

海外の水は衛生的ではなく飲料水には向いていないというイメージが私たちにはありますね。 実際、海外の飲料水はほとんどミネラルウォーターです。また水道水は硬水のため、ミネラルが多すぎてお腹をこわしやすくなるそうです。
海外ではもともと水は貴重で高価なもの。フランスなどに行くと、ミネラルウォーターより安いワインが売られていることも珍しくありません。
このような水事情の悪さから、家庭用ウォーターサーバーの普及率はアメリカやヨーロッパでは50%以上と言われていますので、日本とは比べものにならないくらいウォーターサーバー先進国ですね。
日本では水道水が比較的衛生的で美味しく、水事情に恵まれてきましたが、東日本大震災の影響で、放射能の心配をする人が増えてきました。そのため、ウォーターサーバを購入したり、外国のミネラルウォーターを使用する人が増えてきたのが事実です。
最近では海外でも水事情からだけではなく、健康を意識して水を選ぶ人が多くなったそうです。水は人間の体の大部分を占めます。体の水分はどんどん排出されますので、その分外部から水を補給する必要があります。私たちの体をつくるのに大切な水、とことんこだわって選ぶことが必要ですね。

Copyright© 日本でも水にこだわる時代だからウォーターサーバー All Rights Reserved.