繊細な和食にこそウォーターサーバーを

ウォーターサーバーを設置しても、そのまま飲んだり、お茶やコーヒーを入れたり、ご飯を炊くときくらいしか使わない人もいるようです。せっかく美味しい水があるのにもっと活用しないともったいないですね。
水道水には塩素が含まれていて、料理の味を落としてしまうそうです。こだわりの料理店では、料理の味を良くするためにウォーターサーバーを使うところが増えているのです。特に和食にはぴったりで、「味がまろやかになる」「素材の味が引き立つ」という声があります。
例えば、昆布などで出汁をとるとき、ウォーターサーバーを使うと昆布の風味を損なわずにコクのある美味しい出汁ができます。煮物を作る時にアク抜きをしますが、ウォーターサーバーを使うと短時間でアク抜きができます。また早く味がしみるため、短時間で美味しい煮物ができ上がるのです。
もともと日本の水は軟水ですので、軟水に合った料理の仕方をしてきたのでしょう。ウォーターサーバーの水を利用すれば、いつもより一段美味しい料理になること間違いなしです!
また、水の味がはっきりと影響するのは「日本茶」ではないでしょうか。私たち日本人が飲みなれている日本茶こそ、まろやかな美味しいウォーターサーバーの水でいただきたいものです。日本茶のもつ甘い香りが広がることでしょう。

Copyright© 日本でも水にこだわる時代だからウォーターサーバー All Rights Reserved.